IR用の映像制作

IR用の映像制作において注意すべきこと

IR用の映像制作 映像制作の依頼が増える時期の一つが、「株主総会」の時期です。
その理由は、IR用の映像制作を行う必要があるからです。
では、IRとは何かというと「Investor Relations」の略で、「投資家向け広報」という意味です。つまり、企業が株主に対して、自社を判断する材料となる情報を公開する活動ということです。それにより、企業と投資家の信頼関係が高まりますし、客観的な目で見てもらうことで、経営のクオリティーも上がります。
そのための映像を作るにあたって、いくつか注意すべきことがあります。
一つ目は、「正確性を保持する」。
株主総会の時に多くなるのが、「数字の報告」です。もし、その中に間違いがあると、企業自体の信頼性も危うくなってしまいます。
二つ目は、「バックアップを取っておく」。
映像を発表する際、何らかのトラブルで上映できないこともありますが、そうなると制作した意味がありませんし、信頼性にも影響を与えます。そうならないためには、バックアップ用のハードおよびソフトは事前に用意しておきましょう。
特に、ソフトについては、制作会社に頼んで、何種類か作っておいてもらうようにすると、より安全性を高めることができます。

プロモーションビデオの映像制作にかかる費用

プロモーションビデオの費用 音楽を聴く時にはテレビよりもYoutubeを見て知ることが多くなっています。また、音楽の世界だけではなく仕事に関する様々なこと、宣伝のためにYoutubeが使用されているため、映像制作には力を入れる企業が増えています。そのため、映像制作はミュージシャンや企業にとっては必要不可欠です。
結婚式などのお祝いの時にも映像制作することがあると思いますが、一般の人であるとどれくらい費用がかかっているかあまりピンと来ないと思います。まず、映像制作する場所や使用する物を借りる場合はもちろんのこと費用がかかります。ただ、自分の土地や物を使うことで費用が抑えられますが、その理想の完成映像に近づけるためには、借りる必要性も出てきます。
そして、一番コストがかかるのが人件費です。プロの映像作家やカメラマン、道具など作る場合は美術スタッフ、衣装、もちろんキャストが必要な場合エキストラも含めて金額が上がってきます。また、制作前の作家との打ち合わせによっては長期スパンになります。そして、撮影日数によっても人件費が増す可能性があります。
撮影終了後も編集作業があります。3Dなどの特殊加工をすることでも、時間とコストが増えてきます。