映像制作の納期について

プロモーションビデオの映像制作の納期について

映像制作の納期について プロモーションビデオと言えば、芸能人やアイドルや歌手などが新しい曲を発売した際にテレビなどのメディアで流されているもののことを言います。音楽業界や映像業界では今でもメジャーにこのプロモーションビデオという手法は広く使用されています。
そんなプロモーションビデオの映像制作の納期についてですが、一般的には撮影をして、編集をして、完成するまで3週間程度必要になります。尚、これはあくまでも撮影から完成までの期間であって、実際に映像制作会社との打ち合わせや台本や撮影の流れ等を決めるのに1ヶ月程度必要になる場合があります。
よって最初から最後までの納期で言うとだいたい2ヶ月程度は見ておかなくてはなりません。ただし、制作会社との打ち合わせで納期を相談したり、不要な部分をカットするなどして納期を早めることも可能です。何よりもまず自身がどのような映像を制作したいかを明確にしておくことが必要です。
これにより打ち合わせや撮影のスムーズな進行に関わってきますので注意しましょう。

マニュアルのための映像制作の効果

映像制作の効果 何か物を作ったり、サービスを提供したりする際、マニュアルというものがあります。誰もが一度は目にしたことがあるものと考えますが、作り方やサービスの提供の仕方を説明したものになります。基本的に紙ベースで存在しているケースが多いですが、これを映像制作で作ることにより様々なメリットが考えられます。
まず、紙から映像制作にすることでコストの削減効果が得られます。また、使用する側にとっては紙の場合視覚からしか吸収できなかったものが、映像にすることで視覚、聴覚といった複数の器官を利用しての学習になるため効率的に覚えることができるという効果も期待できます。また紙ではマニュアル自体も分厚くなり必要箇所を探すことが面倒でしたが、映像によりこの問題も解決できます。
ただし、映像の内容は分かりやすく作る必要があり、作り直しには相応の費用がかかるため制作は慎重に行う必要があります。採用している企業も多く、今後基本になっていくものと感じます。